イタリアで最も注目すべき生産者「ファルネーゼ」イタリアで最も注目すべき生産者「ファルネーゼ」

ファルネーゼ

ファルネーゼ

ファルネーゼは、1994年に設立されました。16世紀にオーストリアの王女マルゲリータが、ファルネーゼ家の王子と結婚し、この土地でワイン造りを奨励したことに因み、「ファルネーゼ」の名がつけられました。ファルネーゼでは、最新技術と伝統的な手法を組み合わせることで、コストパフォーマンスに優れた高品質なワインを造り出しています。ファルネーゼは、地元はもとより、イタリア全土、そして世界各国で人気が高く、ファルネーゼの造るワインは、インターナショナルワインチャレンジのロンドンや香港、イタリアのヴィニタリなど、世界中のワインコンクールで、毎年、様々な賞を受賞しております。

Record of Awards

ルカ・マローニ﹁グイダ・デイ・ヴィニ・タリアーニ﹂2016、2017年度版2年連続﹁最優秀生産者﹂選出

※「ルカ・マローニ」…価格と品質の両面からの評価による消費者向けのイタリアワインガイドの決定版。

ファルネーゼのワインは特にその評価が高く、辛口評価で知られる
イタリアのワイン評価誌ルカ・マローニ「グイダ・デイ・ヴィニ・タリアーニ」において
2年連続で最優秀生産者に選ばれるという快挙を成し遂げております。

イタリアのアブルッツオ州に位置するファルネーゼ。アブルッツォ州は、昼夜の寒暖差が激しいため、高品質の葡萄が育つエリアとして知られております。ファルネーゼは、厳しいブドウの選別により、凝縮感あふれるワインを送り出しております。

ファルネーゼの自家所有畑は、モーロ川渓谷の北側の斜面に位置し、それは太陽の恵みを受けるために最高の条件であることを意味しています。そして高度約3,000m、海から18マイルのところにあるマイエッラ山脈は、高品質のワインを産み出すために理想的なミクロクリマを産み出します。

ファルネーゼ ワイン醸造家
リーノ サンテウザーニオ氏

ファルネーゼでは、通常1本のぶどう樹に8房実をつけるところ2房まで間引くことで1房にエキス分が凝縮。収穫量を制限し最新技術と伝統的な手法をうまく組み合わせており、色あいも濃く、香りも際立っており、味わいは驚くほど凝縮され、密度の高いワインを造っています。

ファルネーゼでは、買い付けるブドウに関して農家と5年単位で契約。アグロノミストが畑を回り、良い畑をha単位で買い取ります。そのことにより量より質を重視した栽培が出来るため、収穫も良いタイミングで終える事が出来ます。収穫したブドウは24時間以内に醸造されます。

ソルーナ モンテプルチアーノ ダブルッツォソルーナ モンテプルチアーノ ダブルッツォ
ご購入はこちら
ソルーナ トレッビアーノ ダブルッツォソルーナ トレッビアーノ ダブルッツォ
ご購入はこちら